前主将コメント

一橋大学体育会ゴルフ部主将の貫井祐樹です。

今回の大会は、春の大会のリベンジとして全部員がEブロックへの昇格、Fブロックでの優勝を目指して必死に準備をして参りました。
本番前の合宿では、今回の昇格スコアに近いスコアを達成していましたが、本番に力を発揮できない・調子を合わせられないという我が部の課題が解消できない結果となってしまいました。
主将として、チームを勝利に導くことが出来ず、また個人としても満足できない結果となり、誠に申し訳ございません。

しかし、今回の結果を悔いるばかりでは前に進めません。
この雪辱は後輩たちが来年の春のリーグ戦で果たしてくれることと思います。
どうかこれからも変わらぬご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

また私事ですが、本日をもちまして主将の職を離任いたします。
一年間お世話になりました。