主将離任の挨拶

OB・OGの皆様

一橋大学ゴルフ部主将の宮部でございます。

9月24日、25日に軽井沢72ゴルフ南コースにて行われました、秋季Eブロックリーグ戦の結果をご報告いたします。

一橋大学はトータル686ストロークにて7位に終わり、残念ながらFブロック降格となりました。
 
今回の大会は、春の昇格に引き続きEブロック残留、そして更なる昇格を目指して必死に準備をして参りました。
このような結果になってしまったことは、主将として大変悔しい気持ちではありますが、全員が自分のベストを尽くすことはできたと思います。
特に2日目は一日中冷たい雨が降るなか何とか踏ん張り、6位の芝浦工業大学とは同じストローク数(5人目のスコアで順位を決定)、4位の明治学院大学とは5打差、優勝の東京経済大学とも26打差という大接戦でした。
一橋大学のストローク数自体も春に昇格を果たしたときとほぼ同じで、E・Fブロックのレベルが年々上がってきていることを痛感しました。

しかし同時に、今回のような戦い方ができれば、必ず良い結果がついてくるだろうとも感じました。
この雪辱は後輩たちが来年のリーグ戦で果たしてくれることと思います。
応援していただいたOB・OGの皆様、村瀬コーチ、出場選手、連盟補助員や応援をしてくれた後輩たちに、この場をお借りしまして心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

また私事ですが、本日をもちまして主将の職を離任いたします。
1年間お世話になりました。

後任には、3年生の渡邉紀幸が就任いたします。
後日、本人より就任のご挨拶を差し上げます。

どうかこれからも変わらぬご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

一橋大学経済学部4年
宮部泰成