商東戦(2016/10/26)

 

こんにちは。2年の中山です。 

10月26日()に千葉セントラルゴルフクラブにて行われました2016年度商東戦(東京大学との交流戦)の結果をご報告いたします。

 

結果は優勝には届かなかったものの、2年平松廣大が78で準優勝を獲得しレベルの高い上位争いが繰り広げられました。 

また、新人戦においても優勝は残念ながら3打差で東京大学に取られてしまい1打1打の重みを再度認識すると共に、次年度では一橋大学が優勝できるよう上級生・下級生共々日々の練習により一層励んでまいりたいと思います。

 

私自身が今回の交流戦から学び得たことを申し上げますと、東京大学女子部の意識の高さを切に痛感した1日でありました。自身のプレーに関してはここでは挙げられないほど多くの課題に終始直面し、今後良いスコアを目指していく上で貪欲に向き合っていかなければならないと感じたわけですが、中でも最も刺激を受けたことは女子部員全員が向上意識を持ってプレーに取り組んでいる姿勢です。もちろん私たちもそれぞれ目標を掲げ日々練習に打ち込んでいることは確かですが、部員全員が試合出場を意識してレギュラー争いを行うといった、スコアを追い求める共通の姿勢が足りていないように今回感じました。1年生女子が7人も入部してくれ勢いがついてきた今だからこそ、部員全員が共通した目標を持ち、それを目指してお互い高め合うことが出来るよう今後の練習に向き合いたいと思います。

 

最後に今年度主催してくださった東京大学運動会ゴルフ部の皆様に厚く御礼申し上げます。

また、来年度は一橋大学主催ということで実りある会になるよう部員一同頑張ってまいりたいと思います。