平成29年度秋季関東女子大学対抗チャレンジカップ(2017/10/11)

 

女子部副将の中山です。

 

1011()にこだまゴルフクラブにて行われました平成29年度秋季関東女子大学対抗チャレンジカップの結果をご報告させていただきます。

  

 6月に行われました春季大会よりストロークを縮め順位を上げることを目標に練習を重ねてきた女子部ですが、結果は合計228ストロークで5位に終わりました。 

 

19年ぶりの公式試合出場となった春季大会では、初めて味わう試合独特の緊張感に圧倒され実力を発揮することが出来ず6位という悔いの残る結果になりました。前大会の経験を踏まえ、今回は順位を上げるために必要な平均スコアをチームの目標として設定し、日々の練習に加えて試合で大崩れせず戦うために、レギュラー合宿や練習日を通してメンバー同士で調整を行いました。チームとしては春季大会より合計41ストロークを縮め、順位を上げるという目標を達成することが出来ました。春には試合に出場することで精一杯だった私たちですが、今回ラウンドを周り終わった後メンバーのスコアを確認し合った時には確かな成長を感じ、喜びが溢れました。

 

しかし、今大会を通じて目標を達成した安堵と同時に新たな課題も多く認識いたしました。私たちに最も必要な課題の一つは、試合本番でいかに自分のベストに近いプレーを行い練習の成果を発揮できるかということだと思います。私自身も一度春に試合経験は積んでいるものの、初めの内は本番の緊張感に圧倒されスコアを崩してしまいました。まだまだ慣れない団体戦での試合で今後最大限のパフォーマンスを発揮するためには、各々が技術の精度を上げることは勿論のこと、レギュラーメンバーのみならずチーム全体が試合を意識し、自身に必要なことを明確に捉えて練習を行うことが必要だと思います。四年生の先輩方が引退され残された私たちの役目は、女子部が今後チャレンジカップ昇格、さらにはリーグ戦出場という大きな夢を達成するべくチームを引っ張ることだと強く認識しています。

 

今大会では男子部員も応援に駆けつけてくれ、チームプレーの醍醐味を味わうと共に勇気づけられました。今後も試合に出場する選手以外も一丸となって戦えるチームを目指したいと考えています。次回大会ではより一層の高みを目指し、部員一同練習に励みたいと思いますので、これからも応援の程よろしくお願い致します。

  

最後になりましたが、お忙しい中私たちを指導し見守ってくださった村瀬コーチをはじめ、日頃からあたたかいご声援・ご支援を頂き大変お世話になっている緑風会OBOGの皆さま、チームメンバー、そして合宿でお世話になり会場を提供していただいたこだまゴルフクラブ様に厚く御礼を申し上げます。有難うございました。

 

 

中山栞里

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    コーチ村瀬 (木曜日, 26 10月 2017 11:28)

    中山副将、春&秋の2回のチャレンジリーグ戦お疲れ様でした。今回は4年生の松永、主将の窪田と3名で、春の屈辱を胸に抱き、万全の練習を積み一つでも上位入賞を目指して真摯に準備していた結果が「41打の改善と最下位脱出」の成果に繋がったと評価します。中山副将のコメントの通り、全部員のチームワークで団体戦を戦う事に意味がありますので、来年の春に向けて次期選手を育て、リーグ戦の貴重な体験を共有化していきましょう